お手続きの流れ Process

ご相談から解決まで

● STEP1 法律相談のご連絡

法律相談は予約制ですので、お電話にてご連絡ください。
ご連絡の際に、お客様のお名前、ご連絡先、ご希望の相談日時、大まかな相談内容、現在のご状況などを伺います。

電話:076-222-3355
受付時間:平日8:45〜18:00

※上記以外の相談時間については、事案の緊急性などをお伺いして対応させていただくこともありますので、お電話の際にご相談ください。

● STEP2 相談日時の決定

お電話でご連絡いただいた際、お客様のご希望や弁護士のスケジュールなどから相談日時を決定します。相談日時は平日の夜間や土曜日にも可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
体調等の事情により当事務所へお越しになるのが難しい場合は、出張相談(要日当)も承っております。
ご相談時に必要な書類などについても、この時にご案内いたします。

● STEP3 ご相談日当日

ご予約いただいた日時に当事務所へお越しください。
ご相談スペース(個室)にて、弁護士が詳しいご相談内容を伺います。
その際、ご相談内容に関する書類やお写真などがございましたら、すべてお持ちください。
時系列に沿ってご相談内容の概要をまとめたメモや、関係人の相関図(特に相続の問題の場合)などをお持ちいただけますと、ご相談をスムーズに進めることができ、より適切なアドバイスが可能です。
また、ご相談日当日にご依頼いただく可能性がある場合は、認印をお持ちください。

● STEP4 ご相談およびご提案

弁護士が詳しいご相談内容を伺い、またはお持ちいただいた書類等を検討し、お客様のご質問にお答えします。
ご相談の中で、そのお困りごとや事件について、弁護士に依頼して相手方と交渉をした方がよいか、ご自身で交渉をした方がよいか、訴訟を提起した方がよいかなど、事案に即した最善の方法をご説明します。
弁護士に交渉や訴訟提起などを依頼するかどうか、依頼をいつするのかは、お客様のご判断によります。ご相談当日にご依頼なさる場合には法律相談料はかかりません。依頼される事件の着手金、手数料等のご案内をいたします。
ご相談当日にご依頼されない場合には、所定の法律相談料のみかかります。

弁護士からのアドバイスの内容にご不明な点やご要望がございましたら、お気軽にお伝えください。

● STEP5 ご依頼

ご相談以降も引き続き、弁護士に交渉や訴訟提起を依頼(委任)するには、委任契約書(その用紙は事務所で用意します)と着手金が必要です。
費用および委任契約の内容を十分に説明させていただいてから、委任契約書を作成しますのでご安心ください。
委任契約を結んだ時から、弁護士がその事件を受任したことになりますので、弁護士が代理人として活動を開始し、最善の解決をめざしてまいります。

● STEP6 事件の着手

ご依頼を受けた事件に着手して処理を開始します。
交渉事案であれば、紛争の相手方に対しお客様の要望などを伝え、交渉を開始します。
裁判手続きであれば、裁判所へ提出する必要のある書類を作成し、提出します。
訴えられてしまった・相手方から交渉を求められているなどの場合、相手方の主張に対する反論や当方の主張を記載した書面などを作成し、提出します。

● STEP7 事件の解決・ご報告

事件の着手後は、お客様には随時、電話、書面、電子メール等にて経過をご報告いたします。適宜、打ち合わせもさせていただき、お客様のご意向を確認しながら事件処理を進めてまいります。 事件が最終解決した時には、委任契約で定めた内容に沿って報酬をお支払いいただきます。
その際に、事件処理や解決のためにお預かりした書類や訴訟記録などをお返しいたしましたら、終了です。